クラフトビールマニア CRAFT BEER MANIA

クラフトビールを"身近"で楽しみたい人のための専門ブログ。"広く浅く"を避け、出来るだけ"詳しく"情報発信します。

MENU

お店でしか飲めなかったCOEDO「毬花-Marihana-」が缶と瓶で発売!!

コエドブルワリーからクラフトビールマニアにうれしいリリースがありましたので、ご紹介させていただきます。

何と今まで業務用の大樽でしか販売していなかったCOEDOクラフトビールのブランド「毬花-Marihana-」が350ml 缶と333ml 瓶で 小売店に出荷されます!

f:id:t10617tt:20170930220858p:plain

出典:コエドブルワリー公式サイト

 

www.coedobrewery.com

出荷開始日は2017 年 10 月 2 日(月)。コエドブルワリーのクラフトビールはヤッホーブルーイングや木内酒造(常陸野ネストビール)などと並んで、日本の小売店でよく見かけるようになった醸造所の1つですが、「毬花-Marihana-」だけは今まで買えなかったんです。。

それがこれからいつでも家で飲めるとなると大好きな人にはたまらないニュースのはず。私も10月に早速購入してみようと思います。

コエドブルワリーって?

www.coedobrewery.com

1990年代に埼玉県川越市で生まれた歴史のある日本のブルワリーで、以下5種のラインナップをずっと守りつつ販売していました。

  • 伽羅 -Kyara- : 濃厚な黄褐色のインディアンペールラガー。
  • 瑠璃 -Ruri- : 風味がとってもさわやかなピルスナー。
  • 白 -Shiro- : 無濾過でつくられたヴァイツェン。
  • 漆黒 -Shikkoku- : 長期熟成されたブラックラガー。
  • 紅赤 -Beniaka- : さつま芋を使ったオリジナル性の高いエール。

「毬花-Marihana-」はもともとこのラインナップにはなかったのですが、2014年11月に新しく加わったかなり新しいブランドだったりします。クラフトビールの中でも人気の高いIPAのブランドで飲食店だけに置いていたらお客さんから多数の要望があり今回の缶/瓶販売につながったそうです。

明るいゴールドカラーのビールで、IPAなので苦いんだろうなと思い飲んでみると、柑橘系果実のさっぱりした香りでかつ他のIPAよりも飲みやすくごくごくいけるんです。

発売されたタイミングで改めてレビューさせていただきます。

▽10月5日に購入することができました!購入した場所も含めて早速レビュー。

www.craftbeermania.com